空き家の活用事例

空き家の活用方法にお困りのオーナー様へ

「相続した家が空き家になってしまい、どうしていいか分からない」
「空き家を売るか活用するかしたいけど、何か良い方法はないか」

など空き家の活用についてお困りのオーナー様はいませんか? 阪神エリアで空き家の管理代行などを請け負う「一般社団法人 阪神空き家再生機構」では空き家活用事例をご紹介しています。阪神エリアのオーナー様がどのように空き家を活用したのかを事例を通じてご説明します。空き家活用の参考にしていただければ幸いです。

空き家活用事例

事例1 借家としての活用
  • 事例1 借家としての活用家を相続したが、数年間放置されており老朽化が進んでいる状態でした。所有者様は受け継いだ家を取り壊したくないということで、借家としてのご提案をさせていただきました。外装および内装を補修し、借家としてご活用されております。
事例2 別荘としての活用
  • 事例2 別荘としての活用家を相続したが、山奥にあり、居住としては難しい場所に建てられておりました。しかし、そこからの眺めは絶景で、別荘としてのご活用を提案いたしました。少し老朽化が進んでおりましたが、補修させていただき、現在ではお仕事が長期休暇の際には足を運ばれています。
事例3 公民館としての活用
  • 事例3 公民館としての活用地域の憩いの場になればいいという施主様のご意向があり、今回公民館としてご活用されております。地域の方が集まり、交流できる憩いの場所となっております。

空き家の活用事例の詳細は以下から
詳しい活用事例はこちら

一般社団法人 阪神空き家再生機構についての詳細は以下から
組織概要はこちら

お問い合わせフォーム

page top